3 バイク体験

8月22日(土曜日) 9:00〜9:30
8:20に参加者、スタッフを乗せた専用バスは会場である雄山のメイン会場へ向かい出発しました。バスは8:50に到着、バイク体験の準備を行いました。

雄山のメイン会場では島内からの参加者も集合し、受付が行われました。
そしてここで参加者が全員揃いました。

9:00定刻どおり開会式を開催しました。三宅村役場観光産業係長の浅沼さんの司会で三宅島スポーツ振興会理事長築穴辰雄様、三宅村長櫻田昭正様、三宅島警察署長諸石明様よりご挨拶を頂きました。また来賓の三宅村議会議長平野辰昇様、三宅村教育長島村幸明様のご紹介を行いました。

続いて、インストラクターの紹介を行いました。国際A級MX1クラスの星野優位、近藤祐介、国際A級MX2クラスの高輪喜樹、元ホンダワークスライダー佐藤健二、元レディースライダーの星野美美の5名が今回のインストラクラーを勤めました。

開会式が終わると、星野インストラクターの指示に従い準備運動を行いました。インストラクターが1、2、3、4!と言うとまだ緊張気味な子供たちも大きな声で5、6、7、8!と返し行われました。その後子供たちはくるぶし、ひざ・すね、ひじガード、手袋を装着、ヘルメットを準備するとそれぞれのレベルに合わせてバイク体験が始まりました。

まずは全員の技量分けを行い初心者クラス、経験者クラス、中級者クラスとクラス分けを行いました。バイクの乗り方から進み方、止まり方、曲がり方について自転車との違いを説明。はじめて経験するアクセル操作は走る前に何度も練習。「止まるときは、アクセルを戻す!」と言葉にして繰り返しました。

初心者クラスの走行。初めての走行なので一台一台順に走行。インストラクターが傍につき、サポートしました。
すぐに走行に慣れ、次にパイロンを目印に曲がる練習をしました。一人では不安なちびっこにはインストラクターとのタンデム走行でバイクを体験しました。バイクに慣れてくると今度は一人でもスイスイ乗ることができるようになり不安な顔つきから笑顔へと変わって行きました。

経験者クラスは完熟走行で慣れてくるとインストラクターの先導のもと、未舗装のエリアへとチャレンジしました。このエリアではちょっとした坂でも思うように走れず最初は苦戦しますがすぐに走り方を吸収する子供たちは次々と走りだしました。

中級者クラスは七島展望台エリアにも挑戦しました。このエリアは11月に行われるエンデューロレースでも見せ場となる雄大なエリアです。インストラクターがテクニックを伝授すると参加者は次々とチャレンジ。見事走破できるようになりました。  

たっぷり13時までバイク体験を行った後は全員でランチタイムです。インストラクターや参加者の親睦を深めました。今回はスケジュール変更となりバイク体験はここまでで終了、午後からはバスで海遊びへと向かいました。

 

 

 

 

 







三宅島スポーツ振興会 お問い合わせ先  
  WERIDE三宅島 事務局
営業時間 月・火・木・金  10:00〜16:30 (祝日は休み)
住所 〒350-0133 埼玉県比企郡川島町表418-3
電話番号 049-297-5958
ファックス番号 049-297-5956
E-mail info@weride-challenge-miyakejima.com

当サイトはリンクフリーです。
リンク先は必ずトップページ( http://challenge-miyakejima.com/ )にお願いします。
バナーをご利用になる場合は、右の画像を保存してお使いください。